名刺作成ソフトはalpress

■名刺作成ソフトで、コツコツご満足いただける名刺をレイアウトします。

■手作り感覚で名刺をデザイン&レイアウトしています。

当店の名刺作成ソフトは、アルプス電気のAlpressをメインに使用しています。名刺作成ソフトAlpressのVer.3とVer.4を使用しています。名刺作成ソフトAlpressは、私にとって名刺作成にピッタリの名刺作成ソフトです。
理由は自動化していないからです。はっきり言ってこのソフトは名刺レイアウトなどの作業効率は良いとは思いません。でもその分、手作り感覚で名刺をデザインできます。

■名刺作成ソフト:必要に応じて、文字間隔調整します。

名刺作成のポイントは文字との戦い?です。注意して見ると書体(フォント)によっては、文字の間隔が異なってバラバラに見えることがよくあります。
たとえば「国際日本大学」という大学名の場合、文字「国際」、「日」と「本大学」の文字間隔があいて見える場合が良くありますが、その場合は、文字の間隔の調整をします。
参考→文字間隔&大きさ&重心が、気になりませんか?

■ベースラインを調整し文字の凸凹を目立たなくします。

特に楷書、行書等の書体は、縦組(縦書)を前提としているせいか、特に横組(横書)の場合に、調整の必要なことが良くあります。一方、書体も問題ではなく。個別の文字の重心が異なる場合もあります。
たとえば「帯」や「市」などはどの書体(フォント)でも文字の重心が高く感じられ、「携」や「止」などは低く見えることが多いようです。目立つ場合は、ベースライン(文字の上下)の調整によって修正します
参考→名刺の文字の重心がバラバラ??

■名刺作成ソフト:よく見ると文字の大きさも異なります。

書体によっては、「日」が「本物産」より文字の大きさが小さく見えて気になる場合があります。「日」をちょっと大きくしたり、極端な場合は「日」だけは、違う書体を持ってくるというような調整をします。ですから、たとえば楷書書体も何書体か用意している必要があります。
参考→名刺の文字の大きさが不ぞろいだけどどうする?

■名刺作成ソフト:フォント(書体)を選ぶのは案外難しい??

当店では原則として、書体もセットしたサンプルからお選びいただいております。それは、書体によっては名刺レイアウト(名刺サンプル・名刺デザイン)に、イメージが合わない場合も多いと考えるからです。モチロン、こんな書体で名刺を作りたいというご希望がございましたらご指示ください。お客様ご希望の書体を反映しつつ、名刺レイアウト(名刺サンプル・名刺デザイン)を、提案してまいります。

■名刺用紙がシッカリ選べる&文字文字クッキリの名刺をお届けします。

上記のように、手仕事(職人)的に名刺を作成していきます。特にVer.3は、あまり自動化?されずに、私にとっては使いよい名刺作成ソフトです。Ver.4は便利(高機能?)になった分、職人的に手仕事がしにくくなった面はあると思います。
といいながら、やはり、どんどんVer.4に移行しつつあります。いずれにしても、私のように、コツコツ職人的に仕事をしたい人間にとっては、名刺作成ソフトAlpressは本当にありがたい名刺作成ソフトです。
世の中には、カラー印刷のキレイな名刺があふれています。データ入稿も普通になりました。そんな中で当店は手作り感覚のチョット古い?シンプル&スッキリで文字中心の名刺をお届けしていきたいと考えています。
また、最近のカラー中心の名刺作成サービスは、名刺用紙をあまり選べない傾向があります。当店は名刺用紙がシッカリ選べる&文字クッキリの名刺をお届けしてまいります。
参考→当店名刺の特徴