デジタル名刺宅配便:TOP名刺印刷用紙:全種類 → 現在のページ

環境にやさしいリサイクルペーパー。再生紙特有のやわらかい印刷上がりもお楽しみください。料金も格安。

デジタル名刺宅配便

再生紙特有の用紙のイメージを生かして、印刷色との組合せも考え、一覧から楽しくお選びください。


特徴
sitemap
再注文(お得意様)
料金
用紙
印刷色
ご注文から納品まで

名刺ご注文の方への情報

環境にやさしい再生ペーパー 加算料金200円/100枚(50枚も200円)。
サイズ:55×91mm
:ホワイト、アイボリーなど
厚さ:中厚
種類:通常(特色)用、カラー印刷用

印刷料金 
厚さ 
印刷色 
印刷色(特色とカラーの違い) 
印刷色優先で用紙を選ぶ 
用紙色優先で印刷色を選ぶ 

標準紙
再生紙
ケナフ&バガス-全種類
欧米(英文)サイズ
カラー

ご自分(御社)で名刺やカードの印刷をお考えの方

名刺用紙がそのまま印刷できるか?まず、確認!

お手持ちもプリンタでも、4号が印刷できるかも知れません。最近のプリンタは、名刺サイズ(4号・9号)の用紙がそのままの印刷が出来る機種が発売されています。 現在では、エプソン(epson)、キャノン(canon)両社のとも機種とも、一部を除いて、対応しています。お持ちのプリンターの機種が、直接名刺台紙やカードサイズが印刷可能かどうかはこちらで確認できます。是非ご確認をお勧めします。
名刺サイズが印刷できるプリンター

名刺用紙は、A4よりも、通常の名刺サイズ(4号・9号、55×91mm)のほうが、ずっと名刺印刷用紙、再生紙の種類も多いのです。是非一度、お手持ちもプリンタのマニュアルをご確認ください。是非、名刺サイズが印刷できるプリンターのページでご確認ください。ひょっとして、思わぬ展開であなたの名刺の世界が、突然開けるかも知れません。おすすめ。

レーザープリンターやオフセットの場合はA4の用紙をどうぞ!

一方で、レーザープリンターの場合は、どんな用紙(紙質)でもほとんど印刷できるのですが、名刺サイズの台紙は基本的に印刷できません。レーザープリンターやオフセット、アルプス(alps)電気のMD5500などの熱転写プリンターなどの場合は、A4サイズの用紙をご利用ください。また、日本長野無線やアルプス(alps)電気などの、名刺用紙の専用熱転写プリンターの方は、名刺サイズの用紙をご利用いただけます。

本格印刷の前に、用紙とプリンターの相性を確認!

なお、インクジェット専用紙は、インクジェットプリンター以外ではお使いいただけません。また、どの印刷方法の場合も、プリンターとの相性や、お客様それぞれが独特の使用や印刷設定の場合があります。是非、本格印刷の前にテスト印刷をお願いいたします。名刺用紙販売所では、基本的に全ての用紙をテスト印刷用に少ない枚数から販売いたしております。

名刺印刷用紙のご注文サイト、名刺用紙販売所では、
以下の全ての再生紙などの用紙をご注文いただけます。


環境に優しい、雰囲気も優しい・・・名刺、再生紙はいかがでしょうか?
名刺:再生紙など:一覧
名刺サイズの再生紙などを一覧でご覧いただけます。

A4サイズ、名刺用紙再生紙なら、レーザーやオフセット、熱転写もOK!
A4:再生紙など:一覧
A4サイズの再生紙などを一覧でご覧いただけます。

名刺再生紙マーク&古紙配合率について、少し考えてみました。

再生紙の古紙配合率について、また、再生紙マークは、入れることが出来るのかなど、よくご質問をいただきます。実際、メーカーの正式のコメントはないのですが・・・。いろいろ聞こえてくる情報では、再生紙の原料は、いろいろで(安定してないので)たとえば70%を保障するということが、非常に難しいようなのです。

ですからあるときは、90%の再生紙を生産できても、あるときは、50%の再生紙しか生産できない場合もあるようなのです。実際、製紙メーカーサイドでは、一部製品は、最低古紙混入率50%(実質50〜90%)のような表示もございます。

名刺、再生紙の白色度(用紙の白さ)も、結構悩ましい??

また、同じ古紙混入率でも、用紙の当然白色度(用紙の白さ)は、ロット(生産時期)ごとに、変化します。もしお客様が、用紙の白さのバラツキにおこだわらないのであれば、比較的可能だと思いますが、実際には、なかなか難しい問題があると思います。

よって、ロットごとの用紙の白さをそろえようとすると、今度は薬品による調整(要は漂白)ということになってしまいます。すると、再生紙が結局、環境にやさしい紙ではなくなる可能性があります。

名刺、再生紙&間伐材・・・出来る範囲でがんばろう!

間伐材についても、一部に古紙85%+間伐15%とのデータもございますが、当店としては、正直、信頼性に乏しいのでは・・・と感じています。なぜなら古紙85%を保障できるなら再生紙の古紙85%もアナウンスできるはずです。ですから出来る範囲で、古紙配合率や再生紙マークについては、メーカーさんは頑張っていただきたい・・・というのが、当店の立場です。


デジタル名刺宅配便は伊藤デザイン事務所、伊藤弘が運営しています。当店はシンプルでシッカリしたデザインを目指しています。印刷はくっきりと力強い文字、昔懐かしい特厚にも対応しています。そんな名刺が大好きで毎日仕事をしています。種類も是非ご覧ください。お客様のビジネスに本当に役立つ、ビジネス名刺を目指しがんばります。

制作・運営・サイト責任者:伊藤デザイン事務所 伊藤弘
〒020-0012 岩手県盛岡市岩清水6-5 
TEL019-665-1045  FAX 019-665-1323 meishi@cup.com  meishi@ictnet.ne.jp