名刺サイズのご紹介です。| 名刺雑感

名刺のサイズとよく言いますが、名刺の寸法って??

名刺屋稼業をしていると、つい4号などといってしまうのですが、こんな言い方は仕事上の言い分で、一般の方には、まったく関係のない言い方なのですが、こんな仕事にドップリ浸かっていると、やっぱり4号などど、一般のお客様にも言ってしまうのが職業病?なのかも知れません。いつも言ってしまったあとで反省の毎日です。


名刺用紙やサイズの詳しいページ


皆さんが普段目にする大きさ(mm)は、 横置きにした場合、ほとんどが55mm×91mmです。この大きさを4号と呼んでいます。一般に名刺サイズと呼ぶのもこの大きさです。(用紙メーカーによっては9号と呼んでいるところも一部あります。)プリカットなどと呼ぶ場合もあります。プリカットとは名刺の大きさに断裁済みという意味です。ですので、名刺サイズ=4号=プリカット=55×91mmと、思っていただいてほぼ間違いないと思います。


モチロン、4号というくらいですから、 4号以外にも大きさの種類はあります。よく目にするのが、欧米サイズです。英文あるいは英語サイズと言います。 大きさは、51×89mmです。通常の4号サイズよりチョット小さめで、チョット細長い名刺です。スマートサイズなどと呼ぶ方もおります。・・・で、実際スマートです。4号よりも少々小さいので、特に女性にはおすすめかも知れません。


さらに、今は大分少なくなりましたが、 以前は女性の方は3号サイズをよくお使いでした。角丸の場合が多かったように思います。その他にも、決して多くは多くはありませんがいろんなサイズがございます。タダ、用紙の種類も限られますし、対応してくれるところも、ナカナカ無いのでは・・・と思います。


まれにオリジナル?の大きさに出会うことがあります。 先日、ご注文の某輸入自動車(外車)の営業の方は、45×90mmくらいのサイズでした。他にも4号サイズとチョット違うサイズにしたいと実際に今までお使いのサンプルをお持ちになるお客様も、まれにいらっしゃいます。


まあ、でも、取り合えず、台紙の寸法は、
プリカット=名刺サイズ=4号=55×91mm
ノーカット=A4サイズ=210×297mm
の2種類さえ、覚えていただければ、99%OKだと思います。

→ご自分で名刺作成、成功のポイントは用紙選び?名刺用紙の種類


A4サイズの用紙お求めのポイントは? ノーカット=A4サイズ=210×297mm の用紙をお求めの場合は、必ず「A4のサイズで横目」かどうかは確認してください。作成の際のポイントです。通常一般の用紙として販売されているA4の用紙は縦目です。縦目のほうがA4で使用の場合はコシ(用紙のハリ)があって適しています。
ただ、10面付けや8面付けで印刷の場合は、印刷後カットして仕上げると名刺サイズで横目になってしまいます。結果、命とのいえる用紙のハリがイマイチになってしまい、ピンとした名刺が出来ません。ご自分で作るとどうもイマイチ!の原因は、専用紙ではなかった!ためかも知れません。詳しい話は以下をクリック!
壁に耳あり、障子に目あり、紙にも目あり!!

ご自分で名刺やカードの印刷をお考えの方

お手持ちもプリンタでも、4号が印刷できるかも知れません。最近のプリンタは、4号の用紙の印刷が可能な機種が発売されています。 マニュアルにカード印刷可の記載のあるプリンタでも印刷できます。実際、A4の用紙よりも、4号のサイズほうが、名刺用紙のカタログでは、ずっと種類が多いのです。是非一度、お手持ちもプリンタのマニュアルをご確認ください。ひょっとして、4号の用紙(カード)を使えるかも知れません。・・・というか多分使えます。

名刺サイズが印刷できるプリンタの機種名



←戻る 現在のページ 進む→