TOP >  名刺雑感(名刺や用紙の情報):全リスト > 名刺雑感:41(現在のページ)

名刺雑感

京都の長い住所のレイアウトどうしたらいいか?


名刺作成時に、時々長い住所に出会う。特に京都の住所は長い。
以下は一例です。
〒602-0898 京都府京都市上京区烏丸通寺之内上る1筋目西入相国寺門前町00-000 デジタル名刺マンション1234

・・・で、この長い住所を名刺にレイアウトするときに、常識的に1行には入りません。そこでまず、問題の無い3行表示。これはこれでOKです。 住所:3行表示

問題なのは2行表示。名刺作成時に、この表示はチョット気になる場合があります。
住所:3行表示:3-1

次の表示も、名前や電話やメールの情報との関連でレイアウト上、気になる場合があります。
住所:3行表示:3-2

そこで、最近は、以下のようなレイアウトの場合が当店では増えています。 モチロン、このレイアウトも、全体のレイアウトによって、スッキリの場合と、そうでない場合もあります。 あくまでも長い住所のレイアウトの一例です。 住所:3行表示:3-3

いろいろ考えて、貴方にピッタリのステキな名刺を作りましょう。

名刺を自作(内製)しませんか??

←戻る 現在のページ 進む→ 

制作・運営・サイト責任者→伊藤デザイン事務所:伊藤弘
デジタル名刺宅配便 
〒020-0012 岩手県盛岡市岩清水6-5 
TEL019-665-1045  FAX 019-665-1323 meishi@cup.com  hitou@echna.ne.jp