デジタル名刺宅配便(TOP) 名刺作成と印刷のヒント! → 現在のページ

名刺はチョット頑張ればご自分(御社)で作成することが出来ます。そのヒントいっぱいのページです。

名刺のイロイロヒント
御社の名刺の改善計画!実行しませんか?
いろんな用紙はこちらで、一見の価値あり??→

メール、電話、URL、住所などなど、記載情報をシッカリ考えることから、名刺作成が始まります。


メニュー


後挨拶:目次
後挨拶:目次


自分(自社)で創ろう!
自社の名刺を内製する

記載情報の整理
長い住所のレイアウト
御社の名刺を改善
就活名刺を作ろう


印刷方法
印刷方法イロイロ


作成ソフト
当店のソフト


レイアウト
横レイアウト
郵便番号が気になる


書体(フォント):文字
最適な文字の太さ
文字の大きさ


印刷色
ブラックが命?
印刷色


印刷時用紙サイズ
A4サイズは横目!


名刺サイズ
名刺サイズ
サイズ:詳細


用紙の種類
用紙の選び方


用紙の厚さ
厚いのに薄口?
厚さ


名刺カッター
手動名刺カッター


ケース(空箱)
ケース(空箱)


名刺交換
名刺交換


遊ぶ&楽しむ
ブーメラン


話題
住所無番地?

用紙のサイズ

情報をどのように入れるか?住所・電話・FAX

名刺を作ろうとするとき、どうしてもレイアウトやデザイン、カラー印刷にするかなど、気になってしまいますよね?まあ、それはそれで正しいのですが・・・・記載の原稿を考えるときにどんなことに留意すればいいのでしょうか?

当店は、名刺用紙販売所とともにデジタル名刺宅配便という作成サイトを運営しています。当然、名刺のレイアウトをしているわけですが、作業しながら、レイアウトやデザインではなく、原稿そのものが気になることが良くあります。そこで今回は、作成側から見た、シッカリ営業してくれる名刺を作るためのポイントを、書いてみたいと思います。せっかく作るのです。良い名刺を作りましょう。

今回は、住所と電話とFAX、メール、ホームページアドレスについて書かせていただきます。この内容は、あくまで、ビジネスで名刺を使う場合を想定して書いています。プライベートの名刺は想定していません。プライベートの場合は極端な話、名前だけでいい場合もある思います。というわけで今日は、ビジネス名刺の住所と電話とFAXについてです。

まず、住所、シッカリ記載しましょう。住所の記載の無い場合も良く見かけます。とくにフリーランスの方などの場合、自宅の住所がビジネスの本拠地という場合もあるかの知れません。ご自宅を明らかにしたくない場合もあると思いますが、ビジネス的には、少々マイナスかも知れません。

そんなときは、自宅の住所ではなく、たとえば、、メインで仕事を受けている会社の住所をお借りして表示することが出来れば解決します。確実に連絡できる住所が記載できれば、信用できる名刺に一歩近づきます

電話番号はどんな名刺にも基本的に書いてあります。最近は携帯だけという場合もよくみかけます。出来たら、固定電話?も記載したいものです。最近は携帯だけで仕事が完了という方も増えてきているような気がしますので、絶対とはいえませんが・・・。

FAX番号は、記載が無い場合も良く見かけますが、できるだけ記載しましょう。電話では難しいけど、FAXなら簡単ということが良くあります。たとえば、デザイン、たとえば見積もりの詳細、これを電話で説明するのは本当に大変です。でもFAXなら簡単、見ればわかるのものは、FAXで送りましょう。・・・というわけで、FAXは出来るだけ記載しましょう。

・・・とここまで書きながら、日本以外では、特にフリーランスの場合、事務所の住所などを記載しない場合も、よくあると聞きました。ビジネスの捕らえ方、要は、このビジネスは私がメインだ!という自負なのかもしれません。日本でも次第にそのようになってきているのかも知れませんが・・・とりあえず、チョット保守的な視点で書かせていただきます。何しろ、相手から名刺を受け取るときの礼儀作法が、ビジネスマナーの基本中の基本、第一歩とされる日本ですから。

情報をどのように入れるか? メールアドレス

ほとんどの名刺には現在メールアドレスが印刷されていますが、それでもまだ、記載されていない場合も少なくありません。電話やFAXでは送りにくい情報ってけっこうあります。たとえば、ネットで調べたビジネスの情報、これは電話やFAXでは結構送りにくいのです。面倒で後回し、結局送らずじまい、せっかくのビジネスチャンスをみすみす逃していませんか?

さらにその名刺のメールアドレス、案外、hotmail等の無料のアドレスだったりします。確かに迷惑メールがいっぱい届いて困るとか、仕事では本当のアドレスを教えたくないとか・・・いろんな理由はあると思うのですが、あなた(御社)の仕事に対する姿勢も、商談の相手から値踏みされているのです。

お安く値踏みされた時点で、ビジネスチャンスははるかかなたに飛んでいってしまうでしょう。必ず、是非、名刺には、hotmail等の無料のアドレスではなく、契約しているプロバイダーのメールアドレスを記載しましょう。

さらに気になるのは、たとえば10人の企業で、10人全員のメールアドレスがinfo@****だったりします。この時点で、この会社はメールを活用していません。単にメールアドレスが無いと、格好が悪いから記載しているだけと、すぐに見破られてしまいます。

その上、そのアドレスinfo@****に送ると、誰にその情報が届くのか?経営者なのか?担当部署全体なのか?担当者なのか?まったく良くわかりません。それ以前にinfo@****は、毎日こまめチェックしているのか?長い間、ほったらかしにされているのか?良くわかりません。

今後、一層、メールアドレスは重要なビジネスアイテムになっていくでしょう。出来れば、info@****ではなく、ito@****や meishi@****のほうが、信頼される名刺、しいては、ビジネスのパートナーとして信頼感がグンと増すと思います。

名刺にどんなメールアドレスが印刷されているか?を、チョット見るだけで、その企業のビジネスに取り組む姿勢が、シッカリ見えて(ばれて)しまいます。話は戻りますが、ビジネス名刺には、hotmail等の無料のアドレスは、即やめましょう!info@****は、個別アドレスに早急に変更しましょう!

情報をどのように入れるか? ホームページ(URL)

ホームページにも同じことが言えます。シッカリ御社のホームページ準備していますか?メンテナンスこまめにしていますか?何年も前にどっかの制作会社に頼んで作って、何年も前の情報のままになっていませんか?ホームページの担当者はいますか?そして頑張っていますか?

せっかく、超安い値段で、御社の情報を全世界(日本中)にアピールできる最高のアイテムです。大切な商談の前に、相手先企業は、御社のホームページをシッカリチェックしているかも知れません。

チョット目の肥えた方なら、何年も前に、ホームページをどっかの作成業者に丸投げ状態で、外注したホームページデザインか、コツコツ決して高度な技術は無くとも、自前で真面目に作り上げてきたデザインか?くらいすぐわかります。その時点で、明日の商談の結果は予想がつきます。

ホームページって、トップページ(本来の意味のホームページ)を見ただけで、大体わかります。空気が。本当に内容のある会社なのか? たとえば業務内容の記載、すごく小さな会社なのに、業務範囲が大商社のように広かったり・・・そんな視点で、御社のホームページも再点検、リニューアルしましょう!

その上で、名刺作成の視点から、本来はやはり、独自のドメインが一番です。それが難しいときは、できるだけ簡単なアドレスに。たとえば当店では、用紙販売の名刺用紙販売所と作成のデジタル名刺宅配便がメインですが、そのほかに名刺用紙博物館も運営しています。URLは、http://www.ictnet.ne.jp/~meishi/です。

独自のドメインを取れない場合も、是非、~(チルダ)のあとは、出来るだけ短くしてください。どう見ても覚えられないし、どう見ても入力しにくいほど長いアドレスが記載されていることもよくあります。たとえば、http://www.ictnet.ne.jp/~*****************/だったりhttp://www.ictnet.ne.jp/~***********/***********.html だったりすると、とても入力する気になりません。また、~(チルダ)のあとは、英語の簡単な単語、たとえばcardや、ローマ字で名刺(meishi)など、英語が不得意な私でもわかるレベルであれば、ネットで検索してくれる可能性もグンと増えます。

長い、面倒なURLで、すでに何年も経過し、今さらURLを変更したくない(出来ない)場合などは、名刺には「名刺用紙博物館」で検索お願いします!という表示もアリかも知れません。

名刺に限らずホームページも、伝えたい情報をシッカリ整理、効率よく、かつ。信頼を得ることが出来るように、真面目に作りたいものです。電話も、FAX、もメールも、ホームページも、単に名刺に記載する情報として捕らえるのではなく、御社を取引先企業への情報アピールの有効な手段(アイテム)として、考え実践したいものです。

そのことが、達成できると、カラー印刷するかなどということは、それほど重要なことではないと思います。むしろ、シンプルなデザインで、スッキリレイアウト、情報をシッカリ整理、ホワイトスペースを考えて、さらに、御社のイメージにピッタリの書体や大きさ、そして高品質の用紙。そんなことが本当は重要なのかも知れません。


この名刺作成と印刷のヒントは、デジタル名刺宅配便・名刺用紙販売所・名刺用紙博物館やブログなどに書いてきた中から、個人や企業の方が、ご自分(自社)で作成する時に、少しでもお役に立つかもしれない内容を、まとめたものです。それぞれのサイトやブログの内容と重複がある場合があります。ご了承ください。皆さんの制作に少しでもお役に立てれば幸いです。この情報は、できるだけ正しく記載したつもりですが、間違いがあるかも知れません。あくまで参考程度になさってください。

←戻る 現在のページ 

お手持ちのプリンターで、ビジネスにしっかり使える名刺を自作する

制作/運営・サイト責任者:伊藤デザイン事務所 伊藤弘
〒020-0012 岩手県盛岡市岩清水6-5 TEL019-665-1045  FAX 019-665-1323 
meishi@cup.com  meishi@ictnet.ne.jp